今すぐお申し込み

 
保ジャパン日本興亜の
・海外旅行保険
【off!(オフ)】

 
Q & A

こちらでは、新・海外旅行保険【off!(オフ)】に関わるよくお客さまからお寄せいただくご質問と、その回答を掲載しております。
 
 
 
 
 

ご加入の条件や方法など

契約する場合、年齢制限はありますか?

年齢制限はありませんので何歳の方でも加入可能です。
ただし、【off!(オフ)】では下記いずれかに該当する場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約等と通算して1,000万円が上限となります。
・出発日時点で被保険者(保険の対象となる方)が満15歳未満の場合
・契約者(契約を申し込みされる方)と被保険者が異なる場合

すでに旅行に出発していますが、海外から申込みはできますか?

いいえ、【off!(オフ)】は、日本国外からご加入いただくことはできません。
ご出発前にあらかじめ、海外旅行の目的をもって日本のご自宅を出発してから日本のご自宅に帰着するまでの期間に合わせて保険期間を設定していただく必要がございます。

海外に在住していますが、【off!(オフ)】に加入できますか?

いいえ、インターネット契約サービスをご利用時点で、日本国外に在住されている方はご加入いただけません。
被保険者(保険の対象となる方)だけでなく、契約者(契約を申し込みされる方)も同様です。

現在妊娠していますが、【off!(オフ)】に加入できますか?

はい、妊娠中の方でもご加入いただくことができます。
ただし、妊娠・出産・早産・流産およびこれらに基づく病気が原因により生じた費用は、保険金をお支払いする対象とはなりません。

「他の保険契約等」に加入している場合、【off!(オフ)】に加入できますか?

「他の保険契約等」がある場合、「他の保険契約等」の死亡保険金額の合計が5,000万円未満であれば、ご加入いただくことができます。
ただし、【off!(オフ)】では下記のいずれかに該当する場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約等と通算して1,000万円が上限となります。
 ・出発日時点で被保険者(保険の対象となる方)が満15歳未満の場合
 ・契約者(契約を申し込みされる方)と被保険者が異なる場合

友人と旅行します。私が友人の分も契約できますか?

はい、友人の分も契約できます。
ただし、個人プランへそれぞれ1名ずつのご加入となります。 友人の契約は、お客さまを契約者(契約を申し込みされる方)とし、友人を被保険者(保険の対象となる方)としてお申込みください。

この場合、友人のご契約の保険料も契約されるお客さまのクレジットカードでのお支払いとなります。ただし、契約者が被保険者に代わって契約手続きすることについて、被保険者の同意を得ることが必要となります。
契約者は被保険者の健康状態、 他の保険契約等の有無など、契約に必要な情報を被保険者に代わって正しく代理入力してください (お申込み内容が事実と相違した場合、保険金が支払われないことや保険契約が解除となることがありますのでご注意ください。)。

なお、【off!(オフ)】では下記のいずれかに該当する場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約等と通算して1,000万円が上限となります。
 ・出発日時点で被保険者(保険の対象となる方)が満15歳未満の場合
 ・契約者(契約を申し込みされる方)と被保険者が異なる場合

加入にあたっていくつか質問が出てきますが、1つでもあてはまる場合、加入できないのですか?

はい、ステップ1の「契約にあたってのご質問」に1つでもあてはまる場合は、ご加入いただけません。「すべていいえ」の場合のみ、ご加入いただけます。

ケガや病気で医師の治療を受けていますが、【off!(オフ)】に加入できますか?

通常医師の治療を受けていたり、薬を服用している場合は加入できません。
ただし以下のケースは【off!(オフ)】に加入できます。

<健康上の異常にあたらないケース>
・かぜ、感冒またはインフルエンザ
・食中毒(O-157を含みます。)
・すり傷、切り傷、やけど等で軽症かつ定期的な医師の治療を要しないもの
・あせも・アトピー・イボ・じんましん(蕁麻疹)
・入院または入院予定のない花粉症・水虫(白癬症)・痔
・虫歯
・避妊のためのピル服用
・疾病の治療等ではなく健康増進のための行為(市販のビタミン薬の服用等)
・医師に指示されていない薬(市販のかぜ薬・胃腸薬等)の服用

(注)<健康上の異常にあたらないケース> に該当される方でも、ご旅行前にすでに発生しているケガや病気によって旅行中に治療を受けた場合は、その治療費は補償の対象となりません。また、こちらに掲載のないものでも、損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターにお電話をいただければご加入できる場合があります。詳細につきましては損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでお問い合わせください。

【【off!(オフ)】(オフ)】に電話で加入することはできますか?

いいえ、できません。
インターネット商品となるため、インターネットよりお申込みください。

契約をしましたが、何か送られてくるのですか?

はい、「保険契約証」と「ポケットガイド(ご契約のしおり・約款集)」を契約者住所宛に損保ジャパン日本興亜から送られます。
郵便事情等によって、到着には申込日より3日~1週間ほどかかりますのでご了承ください。

※ご契約時に「保険契約証およびポケットガイド(ご契約のしおり・約款集)の送付は不要」を選択された場合は、契約内容を記載した「ご自宅控え」が損保ジャパン日本興亜から送られます。

※契約者住所に入力誤りがある場合は、郵便物が不着となります。郵便物が届かない場合は、損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでご連絡ください。

 

旅行先や保険期間について

申込み画面「ステップ2」で旅行先の国がのっていない場合はどうすればいいですか?

旅行先の国がのっていない場合やどの地域に含まれるかわからない場合は、損保ジャパン日本興亜公式ウェブサイトの関連ページの「地域の検索」から検索していただけます(北極・南極を含むご旅行の場合は【off!(オフ)】にご加入いただくことができません。)

旅行先が2か国になる場合、旅行先はどのように選択すればいいですか?

旅行先が複数ある場合は、すべての国(地域)を選択します。  なお、航空機などの交通機関の乗り継ぎのための経由地は選択不要です。 ただし、空港などの敷地から出て、観光や宿泊等をされる場合は、旅行先として選択してください。  例)フランス、イギリス、ドイツ、スイスを訪れる場合 →「フランス」、「イギリス」、「ドイツ」、「その他の北米・ヨーロッパ・オセアニア」の4つを選択

トランジット(乗り継ぎ)で滞在する国も、旅行先にチェックが必要ですか?

トランジット(乗り継ぎ)で立ち寄った国で入国審査を受ける場合には、旅行先にチェックが必要です。 入国審査を受けない場合には、旅行先のチェックは必要ありません。

旅行行程とは?

被保険者(保険の対象となる方)が海外旅行の目的をもって住居を出発してから住居に帰着するまでをいいます。 
※各空港の自動販売機・カウンター販売のエアポート【off!(オフ)】等はご加入時点から補償開始となります。

保険はいつからいつまで補償されますか?

契約時に設定いただいた保険期間の「日本の住居を出発してから住居に帰着するまで」が補償の対象となります。 たとえば、5/1~5/5が保険期間の場合、5/1にご自宅を出発された時刻から、5/5にご自宅に戻られる時刻までが保険期間です。

6か月間アメリカへ旅行に行きます。加入できますか?

いいえ、加入できません。 新・海外旅行保険【【off!(オフ)】】の保険期間は最長で92日間までとなります。  92日間を超える海外旅行の場合は、最寄の取扱代理店・損保ジャパン日本興亜営業店にて海外旅行総合保険*をお申し込みください。 *海外旅行総合保険はインターネットでの販売を行っておりません。 お申込みをご希望の場合は、富士グローバルまたは損保ジャパン日本興亜営業店までご連絡ください。 取扱代理店・損保ジャパン日本興亜営業店につきましては公式ウェブサイトにてご案内しておりますので、よろしければご参照ください。

旅行期間の一部のみ保険に加入することはできますか?

いいえ、できません。 【off!(オフ)】では「海外旅行の目的を持って日本の住居を出発してから住居に帰着するまで」を保険期間としてお引き受けしておりますので、旅行期間の一部のみの契約はできません。

保険期間はどのように設定すればいいですか?

「海外旅行の目的をもって日本の住居を出発してから住居に帰着するまで」を保険期間として設定してください。
なお、新・海外旅行保険【【off!(オフ)】】の保険期間は最長で92日間までとなります。

旅行中に日本に一時帰国して再度出発する場合、保険期間はどのように設定すればよいですか?

新・海外旅行保険【【off!(オフ)】】では、ご旅行中に一度ご帰国(住居に帰着)されて、再度出発する場合は、帰国する日時点で保険の補償は終了しますので、2契約に分けてお申し込みください。
 
例)
1月1日~1月5日 韓国へ旅行
1月5日 帰国し、住居に帰着
1月6日~1月9日 イタリアへ旅行
 
→保険期間「1月1日~1月5日」のご契約と、保険期間「1月6日~1月9日」のご契約の2契約に分けてお申し込みください。
※取扱代理店・損保ジャパン日本興亜営業店で扱っております海外旅行総合保険においては、一時帰国中も旅行期間に含めて補償を可能とする特約もセット可能です。富士グローバルまたは損保ジャパン日本興亜営業店までお問い合わせください。

海外旅行の前後に日本国内で観光する場合、保険期間はどのように設定すればよいですか?

出国前・帰国後に日本で観光等する場合は、「空港を出発する日から、空港に帰着する日まで」を保険期間としてお申し込みください。
 
例)
1月1日 国内観光
1月2日~1月5日 韓国へ旅行
1月5日~1月9日 国内旅行
 
→保険期間「1月2日~1月5日」としてお申し込みください。

 

契約手続きなどについて

入籍はまだですが、新婚旅行の際にカップルプランに加入できますか?

はい、旅行前後に婚姻の届出を行う場合も、一緒にカップルプランにお申し込みいただけます。

ファミリープランにはどのようなメリットがありますか?

個人プランに比べ、ファミリープランで契約すると補償をご家族で共有できる部分があるため2人目以降の保険料をおさえることができます。

<それぞれお一人さまずつの保険金額>
「傷害死亡・後遺障害」「治療費用」「疾病死亡」

<ご家族の皆さまで共有できる保険金額> 
「賠償責任」「携行品損害」「救援者費用」「航空機寄託手荷物遅延」

オーダーメイドで契約は可能ですか?

はい、個人プランのみオーダーメイドでご契約が可能です。
※なお、オーダーメイドの場合は航空機遅延費用等補償特約をセットすることはできません。

新婚旅行ですが、カップルプランに申し込めますか?また、新姓と旧姓のどちらで契約すればいいですか?

はい、今回の旅行が新婚旅行で、旅行前後に婚姻の届出を行う場合も、一緒にカップルプランにお申し込みいただけます。ただし、同居で同一行程の条件がありますので、同じご自宅から出発・帰宅され、出発日・帰国日も同一である必要があります。

契約者(契約を申し込みされる方)、被保険者(保険の対象となる方)の氏名は次のとおりお手続きください。

<契約者(契約を申し込みされる方)の氏名>
通常は新姓(戸籍上のお名前)でお申込いただいておりますが、ご契約者さま宛に損保ジャパン日本興亜から保険契約証を郵送しますので、宛先不明とならないように確実にお届けできるお名前を入力してください。
なお、契約者はクレジットカードの名義人と同一の方としてください。
※クレジットカードの名義が旧姓のままであっても、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを正しくご入力いただいていれば、ご契約は成立いたします。

<被保険者(保険の対象となる方)の氏名>
旅行に行かれる方の氏名を新姓(戸籍上のお名前)でご入力ください。
※万一のケガや病気の際にパスポートの氏名が旧姓の方がキャッシュレスでの治療を希望される場合は、病院に行かれる前に海外メディカルヘルプラインにご相談ください。

死亡保険金を5,000万円超でつけることはできますか?

いいえ、【off!(オフ)】では、死亡保険金5,000万円が引受限度額となっているため、お申し込みいただけません。
また、【off!(オフ)】では下記のいずれかに該当する場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約等と通算してそれぞれ1,000万円が上限となります。
 ・出発日時点で被保険者(保険の対象となる方)が満15歳未満の場合
 ・契約者(契約を申し込みされる方)と被保険者が異なる場合

保険料はどうやって支払うのですか?

保険料のお支払いは、クレジットカード払いとなります。

※一括払いのみです。分割払いやリボ払いのお取り扱いはありません。
※銀行振込みや払込票などのお取り扱いはありません。

未成年の子どもの契約をするにはどうすればよいですか?

クレジットカードの名義人が契約者となるため、クレジットカードをお持ちでない未成年のお子さまのご契約は、次の方法でご契約ください。
・契約者(契約を申し込みされる方)=クレジットカードをお持ちの保護者さま
・被保険者(保険の対象となる方)=お子さま

ただし、被保険者(保険の対象となる方)の年齢によって引受限度額が異なりますので、ご注意ください。

※【off!(オフ)】では下記のいずれかに該当する場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約等と通算して1,000万円が上限となります。
・出発日時点で被保険者(保険の対象となる方)が満15歳未満の場合
・契約者(契約を申し込みされる方)と被保険者が異なる場合

法人でも契約者になれますか?

いいえ、契約者(契約を申し込みされる方)になれるのは、個人の方のみです。企業名等の法人契約はできません。 また、クレジットカードも法人カードはご使用いただけません。個人名義のクレジットカードをご使用ください。

子どものみの契約はできますか?

お子さまだけの契約も可能です。 クレジットカードを所持しているご両親(どちらか一名)を契約者(契約を申し込みされる方)とし、ご旅行者(お子さま)を被保険者(保険の対象となる方)としてお申し込みください。

ご契約者はご旅行者の健康状態、 他の保険契約等の有無等、契約に必要な情報をご旅行者に代わって正しく代理入力ください。(お申込み内容が事実と相違した場合、保険金が支払われない場合や、保険契約が解除となることがありますのでご注意ください。)

※【off!(オフ)】では下記のいずれかに該当する場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約等と通算してそれぞれ1,000万円が上限となります。
 ・出発日時点で被保険者(保険の対象となる方)が満15歳未満の場合
 ・契約者(契約を申し込みされる方)と被保険者が異なる場合

なお、ご契約者がご旅行者に代わって契約手続きすることについて、ご旅行者の同意を得ることが必要となります。

クレジットカード以外の支払い方法はありますか?

いいえ、インターネットでご契約をいただく新・海外旅行保険【off!(オフ)】の契約保険料のお支払いは、契約者本人名義のクレジットカードのみの取扱いとなります。銀行振込み、コンビニ払いなどによるお支払方法はご利用いただけません。 ※法人カード、家族カード、デビットカード、プリペイド式クレジットカードはご利用できません。 ※VISAデビットカードはご利用できますが、何らかの理由で契約が不成立になった場合も一度引き落としがかかる可能性があります。その場合は、後日お客さまの口座へ自動返金されます。

契約確認書を印刷せずに画面を閉じてしまいました。再度契約内容を確認することはできますか?

損保ジャパン日本興亜のマイページより「契約確認書」と「事故時連絡先」を印刷することができます。

<印刷の手順>
(1)損保ジャパン日本興亜のマイページにログイン後、マイページメニューの「新・海外旅行保険【off!(オフ)】契約内容の確認・契約内容変更」をクリックします。
(2)「ご契約一覧 」から該当の保険期間の「詳細表示」をクリックします。
(3)画面上部の「印刷」をクリックします。

※【off!(オフ)】のご契約と同時にマイページにご登録いただいた場合、あるいはマイページ情報を引き込んで【off!(オフ)】のご契約をしていただいた場合のみ確認できます。
※マイページ登録をしていない場合は、契約成立後に画面を閉じてしまうと再度契約照会をすることができません。契約確認書をご覧になれない場合は損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでご相談ください。

 

補償内容や範囲などについて

後遺障害の補償はどのような補償ですか?

ご旅行中に事故などでケガをされ、そのケガが原因で事故の発生の日からその日を含めて180日以内にお身体に後遺障害が生じた場合に、後遺障害の程度に応じて傷害死亡・後遺障害保険金額の4%~100%(2014年6月30日以前に保険期間が開始するご契約については、3%~100%)をお支払いします。
ただし、お支払いする後遺障害保険金の額は保険期間を通じ、傷害死亡・後遺障害保険金額が限度となります。

治療費用の補償範囲を教えてください。

1回のケガまたは病気につき治療費用保険金の範囲内で補償の対象となります。

治療費用に関して、免責金額(自己負担)はありますか?

【off!(オフ)】の治療費用保険金については、補償の限度額(契約保険金)を超えないかぎり、お客さまの自己負担は発生しません。

「疾病死亡」の補償のみで申し込みたいのですが、申し込めますか?

「疾病死亡」の補償のみで【off!(オフ)】を申し込むことはできません。 
「治療費用」と「疾病死亡の金額と同額以上の傷害死亡・後遺障害」をセットしてお申し込みいただく必要があります。

子どもの補償に賠償責任が必要になるのはどのような場合ですか?

賠償責任補償特約は、お子さまの行為により、他人にケガを負わせたり、物を壊してしまったなど、被保険者(保険の対象となる方)が法律上の損害賠償責任を負った場合に補償をするものです。

レンタル用品は補償されますか?

レンタル用品の破損・紛失・盗難により賃貸業者へ損害を与え、お客さまが法律上の賠償責任を負うことになった場合は、「賠償責任」で補償されます。

ただし、補償対象となるのは「お客さまご自身が賃貸業者から直接借り入れた(※)旅行用品・生活用品」です。

(※)「直接借り入れた」とは、お客さまご自身が直接レンタル契約書にサイン等をして申し込みされた場合となります。

なお、お客さまご自身がレンタル契約を結ばずに旅行会社等からサービス等で借り入れた場合は賠償責任では補償されません。

留学のため学校の寮に宿泊しますが、賠償責任の補償はされますか?

ホテル・ホームステイ・寮は「宿泊施設」とみなされますので、その施設の客室・部屋に与えた損害は補償の対象となります。 
また、「宿泊施設」内の携行品は携行品損害の補償の対象となります。

旅行先で賃貸アパートを自身で借ります。アパートに損害を与えた場合は、賠償責任で補償されますか?

いいえ、賃貸契約で借りたアパートは居住施設となり賠償責任では補償されません。

現地で購入した品物の破損・盗難は補償されますか?

はい、補償されます。 
ただし、保険(責任)期間中に生じた(盗難・破損・火災などの)偶然の事故によって保険の対象について被った損害で、「携行品損害補償特約」をセットしている契約にかぎります。

旅券(パスポート)の盗難にあった場合は補償されますか?

はい、旅券(パスポート)の損害については、1回の事故につき5万円を限度として、携行品損害の補償の中から再発給費用(宿泊費・交通費等を含みます。)をお支払いします。

携行品の保険金はいくらまで支払われますか?

下記の金額を限度に時価額(※)または修繕費のいずれか低い方をお支払いします(自己負担額はありません。)。
ただし、携行品損害保険金額をもって、保険期間中のお支払いの限度とします。
(※)時価額とは同等なものを新たに購入するのに必要な金額から、使用や経過年月による消耗分を差し引いて現在の価値として算出した金額をいいます。
◇携行品1つ(1個、1組または1対)あたり10万円
◇保険の対象が乗車券等の場合は合計して5万円

旅行中に購入したものは「携行品損害」で補償されますか?

はい、ご旅行中に購入したものがお客さまの所有する身の回り品であれば、補償の対象となります。
旅行中に発生した損害について、補償対象となり、携行品1つ(1個、1組または1対)あたり10万円を損害額の限度として、時価額または修繕費のいずれか低い方をお支払いします(自己負担額はありません。)。
ただし、ご加入時に設定いただいた携行品損害保険金額を、通算での限度額とします。

携行品損害の自己負担額(免責金額)はありますか?

自己負担額(免責金額)はありません。

携帯電話をレンタルしますが、【off!(オフ)】の賠償責任を申し込めばレンタルした携帯電話も補償されますか?

はい、レンタルの携帯電話は賠償責任の補償の対象となります。

ただし、補償対象となるのは「お客さまご自身が賃貸業者から直接借り入れた」レンタル用品となります。直接レンタルされていない(仲介業者が入っている)場合は補償の対象とはなりません。

「携行品キャッシュレス・リペアサービス」とはどのようなサービスですか?

「携行品キャッシュレス・リペアサービス」とはご旅行中の事故で破損したお客さまのスーツケースやカメラ、デジタルカメラ、ノートパソコンを修理する場合に、引取りから修理、納品までを損保ジャパン日本興亜指定の修理会社で行うサービスです。修理代金は損保ジャパン日本興亜から直接保険金として指定修理会社へお支払いしますので、お客さまに修理代金を立て替えていただく必要はありません。

※本サービスの対象品は、スーツケース・カメラ・デジタルカメラ・ビデオカメラ・ノートパソコンにかぎります。ただし、対象品であっても一部の製品によってはご利用いただけない場合があります。

■ご利用方法
1.渡航先からご帰国後、「海外ホットライン:0120-08-1572(無料電話)」へご連絡ください。
2.以下の書類等をリペアサービスセンター(指定修理会社)よりお客さまに送付します。
(1)携行品キャッシュレス・ リペアサービスご利用のご案内
(2)修理依頼書
(3)宅配便送り状
(4)緩衝材(エアーキャップ)・・・梱包時にご利用ください。
※スーツケースの場合は緩衝材はお送りしません。
3.宅配会社が集荷に伺います。修理依頼書に必要事項をご記入のうえ、対象品とともに渡してください。
4.後日、修理された対象品を指定修理会社よりお受取り希望住所にお届けします。 

■サービスご利用上の注意事項
・ 本サービスは、携行品損害補償特約がセットされている場合で保険金のお支払い対象となるときにご利用いただけます。
・ 本サービスのご提供は日本国内のみとなります(対象品の発着送は日本国内にかぎります。)。
・ 修理が可能な場合であっても、修理代金が限度額(1点あたり10万円)を超過する場合は、超過部分はお客さまの自己負担となります。
・ 修理に要する時間の目安は、スーツケース・ノートパソコンで1か月程度、カメラ・デジタルカメラ・ビデオカメラは3週間程度となります。状況によってはさらにお時間をいただく場合もあります。
・ サービスご利用時のお問い合わせ先等詳細につきましては、ご契約後に送付されるポケットガイド(ご契約のしおり・約款集)をご覧ください。

ケガや病気の時、家族に日本から迎えにきてもらう費用は補償されますか?

はい、ケガや病気で継続3日以上入院された場合に家族が現地へ行かれる時の費用は「救援者費用等補償特約」の補償の対象となります。

救援者として呼びよせられるのは家族のみですか?

いいえ、家族にはかぎりません。
「救援者」の範囲につきましては、「被保険者の親族(これらの代理人を含みます)」となりますので、法律上の「親族」以外の方(ご家族がご事情で現地に駆けつけられないため、友人や会社の同僚が駆けつける場合など)でも、救援者として現地へ駆けつける際にかかった費用をお支払いします。

航空会社に預けている手荷物がなくなった場合、航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約で補償されますか?

はい、携行品1つまたは1対につき10万円を限度に携行品補償特約で補償されます。
また、航空機が目的地に到着してから6時間以内に、手荷物が予定していた目的地に届かなかった場合、お客さまが購入された生活必需品・身の回り品等ついては、1回の遅延につき10万円を限度に航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約で補償されます。
なお、お客さまご自身が管理されている手荷物を紛失された場合は補償されません。

航空会社に預けたスーツケースの到着が遅れた場合、何か補償はありますか?

「航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約」により、お客さまが要した費用を保険金としてお支払いできる場合があります。

航空機搭乗時に航空会社に預けた手荷物が旅行先に6時間を超えて遅れて到着した場合、お客さまが目的地への到着後、96時間以内に購入した衣類(下着、寝間着など必要不可欠な衣類にかぎります。)・生活必需品(洗面用具、かみそり、くし等をいいます。)の費用、およびやむを得ず必要となった身の回り品(購入した衣類や生活必需品を持ち運ぶためのかばん等をいいます。)の費用を、10万円を限度としてお支払いします。 

※手荷物がお客さまのもとに到着した時以降に購入等した費用は除きます。

航空機が遅延した場合はどんな補償がありますか?

「航空機遅延費用等補償特約」(※)に加入があり、以下(1)または(2)に該当する場合に、被保険者が出発地・乗り継ぎ地において支払った下記の費用につき2万円を限度に補償の対象となります。
◆宿泊施設の客室料
◆食事代 
◆宿泊施設等への移動に要するタクシー代などの交通費 
◆国際電話通話料 
◆目的地における旅行サービスの取消料

(1)出発地において、搭乗予定航空機の6時間以上の出発遅延・欠航・運休もしくは搭乗予約受付業務の不備による搭乗不能または着陸地において、搭乗した航空機の着陸地変更により6時間以内に代替機を利用できない場合

(2)乗継地において、搭乗した航空機の遅延(搭乗予定の航空機の出発遅延、欠航等または搭乗した航空機の着陸地変更を含みます。)により乗継予定航空機に搭乗できず乗継地への到着時刻から6時間以内に代替機を利用できない場合

※出発日前日・当日のお申込み、およびオーダーメイドではセットできません。

海外からの帰国便が遅れたために、成田からの国内線乗継便に乗ることができませんでした。航空機遅延費用は、国内便の乗継遅延も補償されますか?

はい、帰国便が遅れたために国内線の乗継予定便に搭乗できず、代替機を利用した場合なども航空機遅延費用等補償特約の補償の対象となります。

ただし、乗継地への到着時刻から6時間以内に代替機の利用ができた場合は、補償の対象にはなりません。

テロにより損害を被った場合は補償されますか?

はい、「戦争・外国の武力行使など」に該当しない「テロ行為」については補償の対象となります。
《ご参考》 
補償の対象となる主な保険金 
●治療費用 ●傷害死亡・後遺障害 ●疾病死亡 ●賠償責任  
●携行品損害 ●救援者費用 ●航空機寄託手荷物遅延 
●航空機遅延

津波や地震による補償はありますか?

はい、地震、噴火またはこれらによる津波などの天災も補償対象となります。 
補償対象となる項目は下記のとおりです。
●治療費用
●傷害死亡・後遺傷害 
●疾病死亡 
●賠償責任 
●携行品損害 
●救援者費用

※「航空機遅延費用等補償特約」「航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約」の2特約については、地震、噴火またはこれらによる津波などによる損害は補償対象外となります。

保険期間の途中で日本に一時帰国(住居に帰着)した場合、日本に滞在中に発生した事故は補償されますか?

いいえ、補償されません。
保険期間の途中でも、一度日本に帰国(住居に帰着)された時点で補償は終了します。

※ご旅行中に一度ご帰国(住居に帰着)されて、再度出発する場合は、2契約に分けてお申し込みください。

例)
1月1日から1月5日 韓国へ旅行
1月5日        帰国し、住居に帰着
1月6日から1月9日 イタリアへ旅行

→保険期間「1月1日から1月5日」のご契約と、保険期間「1月6日から1月9日」のご契約の2契約に分けてお申し込みください。

 

契約後の諸手続きなどについて

保険契約証を契約者の住所以外の宛先に送付してほしいのですができますか?

【off!(オフ)】の保険契約証はご本人確認のために契約者住所あてに損保ジャパン日本興亜から発送します。 契約者の住所以外に送付をすることはできません。

英語(外国語)の付保証明がほしいのですがどうすればよいですか?

英語の付保証明(海外旅行保険の加入を証明するもの:保険期間・保険金額が記載されているもの)の発行が可能です。
英語の他に、スペイン語、フランス語でも発行することができます。
必要な場合は、損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでご連絡をお願いします。

※発行には約1週間かかりますのでご了承ください。

控除証明書は発行できますか?

いいえ、税制改正により損害保険料控除が廃止されたため、控除証明書の発行はしていません。 (2006年12月31日改正)

領収証を発行してもらいたいのですが、どうすればよいですか?

損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでお電話いただくか、お問い合わせフォームより、領収証ご希望の旨をご連絡ください。

※保険契約者名での発行となります。

【off!(オフ)】の契約をインターネット上で取消できますか?

はい、出発日前日までは損保ジャパン日本興亜のインターネットサービス「マイページ」から契約の取消手続きが可能です。
お手続きの方法は以下のとおりです。

■ インターネットサービス「マイページ」でのお手続き
インターネットサービス「マイページ」から契約の取消手続きを行っていただくことができます。払い戻しの保険料は、ご契約時にご利用いただいたクレジットカードへ払い戻しさせていただきます。なお、必ずご契約者さま本人が手続きを行ってください。

<お手続き方法>
1.マイページにログインしてください。
2.マイページメニュー「新・海外旅行保険【【off!(オフ)】】契約内容の確認・契約内容変更」のご契約一覧画面より「取消手続きへ」ボタンをクリックし、必要事項を入力してください。

<ご注意事項>
・ご契約時にマイページへの登録が完了していない場合は、本サービスをご利用いただけません。
・インターネットでのお手続きは旅行出発予定日の前日までご利用いただけます。
・取り消しするご契約の保険契約証等の発送は予定どおり行われますので、あらかじめご了承ください。
・スマートフォン版マイページからはご利用いただけません。

■インターネットサービス「マイページ」でお手続きいただけない場合
インターネットサービス「マイページ」でお手続きが出来ない場合は、損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでご連絡ください。

※損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターで変更手続きをする場合には、確認資料等のご提出をお願いすることがあります。
 また、内容によっては手続きできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

延長手続きをすると契約証番号は変わりますか?

いいえ、契約証番号は変わりません。 補償内容も契約当初と同じ条件で、日数だけが延長されます。(最長92日まで)

延長の手続きをした場合、新しい保険契約証は送られてきますか?

いいえ、新しい保険契約証の送付はありません。 延長手続きが完了した旨の書面を送付しますので、契約証と合わせて保管してください。

※損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターにお電話いただいて延長をされた場合には、延長保険料の入金確認後に領収証が郵送され、その後に「変更手続き完了のお知らせ」が郵送されます。

出発後に帰国が延びた場合、保険期間は延長できますか?

はい、保険期間の延長が可能です。

海外滞在中に帰国日が延びた場合、現地から保険期間の延長手続きができます。お手続きの方法は以下のとおりです。

■パソコン版「マイページ」でのお手続き
パソコン版「マイページ」から、延長手続きを行っていただくことができます。その場合、追加の保険料はクレジットカードによる精算となります。
なお、ご契約者さま本人が手続きを行ってください。

<お手続き方法>
1.パソコン版マイページにログインしてください。
2.マイページメニュー「新・海外旅行保険【【off!(オフ)】】契約内容の確認・契約内容変更」のご契約一覧画面より「延長手続きへ」ボタンをクリックし、必要事項を入力してください。

<ご注意事項>
・「マイページ」からの契約内容の変更手続きは、ご契約をいただいた最初のお手続きのみご利用いただけます。すでに、マイページ上もしくはカスタマーセンターにて、契約内容変更手続き(延長、旅行先の変更等)を行っている場合は、本サービスをご利用いただけません。その場合には、損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターまでご連絡ください。
・延長手続きは保険期間中のみを対象としています。保険の補償開始(保険始期)以前の保険期間の延長は、取消手続きを行っていただいたうえで、新たにご契約手続きを行ってください。また、保険期間終了後の保険期間の延長手続きは受付できませんので、あらかじめご了承ください。
・延長期間は、保険期間の初日から通算して92日以内にかぎります。
・スマートフォン版マイページからはご利用いただけません。

■パソコン版「マイページ」でお手続きができない場合
パソコン版「マイページ」でお手続きができない場合は、日本にいらっしゃるお客さまの代理の方より、損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターにご連絡のうえ、延長手続きを行っていただく必要があります。

※延長による追加の保険料は、お客さまの代理の方にお振り込みいただきます(お手続きは保険料の払込みをもって完了となります。保険期間終了前に手続きが完了しませんと保険期間の延長ができなくなりますので十分ご注意ください。)。
※電話によるお手続きの場合、クレジットカードのお取扱いはしておりません。追加の保険料は銀行振込となり、振込手数料はお客さまにご負担いただくことになりますので、あらかじめご了承ください。 また、内容によりましては手続きできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

旅行期間、加入プランを変更したいのですが、どのような手続きが必要ですか?

<出発前の変更手続き>
出発前であれば、新たな旅行期間または加入プランでもう一度ご加入していただいたうえで、現在のご契約の取消手続きを行ってください。
お手続きが完了しましたら、現在のご契約の保険料は全額払い戻しします。
※出発日前日または当日のお申込みでは、航空機遅延費用を追加できません。

取消手続き方法につきましては、損保ジャパン日本興亜の公式ウェブサイトをご確認ください。


<出発後の変更手続き>
出発後に旅行期間を延長する場合は、マイページより保険期間の延長手続きが可能です。
なお、出発後の加入プランの変更はできませんので、あらかじめご了承ください。

保険期間の延長手続につきましては、損保ジャパン日本興亜の公式ウェブサイトをご確認ください。

契約内容の一部(氏名、住所、電話番号、生年月日、性別)を訂正することは可能ですか?

はい、可能です。
損保ジャパン日本興亜【off!(オフ)】カスタマーセンターにご連絡ください。訂正の対応をします。
なお、訂正の内容によりましては、再加入が必要となる場合がございますのであらかじめご了承いただきますようお願いします。

※ このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、富士グローバルまたは損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

 

重要事項等説明書(PDF)

 

会社概要 | 個人情報保護 | 勧誘方針 | 推奨販売方針

 
損保ジャパン日本興亜 承認番号:SJNK17-80462 作成日:2018年1月16日